for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-米、香港選挙制度改革で中国非難 来週の会談「厳しいものに」

(第1段落の日付を「12日」から「11日」に修正しました)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米政府は11日(訂正)、中国による香港の選挙制度改革を非難し、香港の民主主義に対する攻撃だと述べた。また、来週行われる米中の外交トップによる会談が厳しいものになると予想した。

国務省のプライス報道官は会見で、「中国全国人民代表大会(全人代)で11日に承認された制度変更は、香港の自治、自由、民主主義のプロセスに対する直接的な攻撃であり、政治参加を制限し、民主的な代表性を低下させ、政治的な議論を抑圧するものだ」と批判した。

全人代は香港の選挙制度を改革する決定を承認した。香港立法会(議会)から民主派を事実上排除して「愛国者」で固める制度に変更する。

プライス報道官は、ブリンケン国務長官が18日にアラスカで行う中国高官との会談で、中国の対応が米国の価値観にとっていかに問題になるかを率直に伝えると指摘。

「厳しい話もあるだろう」とし、「意見の違う分野の議論でも手加減はしない」と強調した。

一方、気候変動など米国の利益になるような協力分野も模索すると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up