for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、ファーウェイ・ZTE製機器の販売禁止 「安全保障にリスク」

米連邦通信委員会(FCC)は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)などが製造する通信機器の承認を禁止した。写真は今年6月、パリで撮影(2022年 ロイター/Benoit Tessier)

[25日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)は25日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)などが製造する新たな通信機器の承認を禁止した。米国の国家安全保障に「容認しがたいリスク」をもたらす恐れがあるためとしている。

FCCは、国家安全保障上のリスクをもたらすと見なされる機器の販売または輸入を禁止する最終規則を採択したと発表。浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、中国海能達通信(ハイテラ・コミュニケーションズ)にも適用される。

FCCのローゼンウォーセル委員長は声明で「これらの新規則は、通信を取り巻く国家安全保障リスクから国民を守る措置の重要な一部だ」と述べた。

ハイクビジョンは、自社製品が米国の安全保障を脅かすことはないとする声明を発表。「FCCの決定は米国の安全保障には一切つながらず、米国内の小規模事業者や地方当局、学区、消費者らにとってより有害となり、自身や住居、ビジネス、所有物を守るための費用が膨らむ」と述べた。その上で、米国の規制を「完全に順守」する形で引き続き米顧客にサービスを提供するとした。

*システムの都合で再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up