July 15, 2020 / 5:15 PM / a month ago

米、ファーウェイ含む中国IT企業にビザ発給制限の公算=国務長官

ポンペオ米国務長官は15日、米政府は華為技術(ファーウェイ)などの中国企業に対するビザ発給を制限する可能性があると述べた。会見で代表撮影(2020年 ロイター)

[ワシントン 15日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は15日、米政府は華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]などの中国企業に対するビザ発給を制限する可能性があると述べた。

ポンペオ長官は記者会見で、米国務省は「人権侵害に関与している政府に物質的な支援を提供しているファーウェイなどの中国IT企業について、特定の従業員に対するビザ発給を制限する可能性がある」と表明。世界中の通信機器メーカーは、ファーウェイとの取引は「人権侵害を行っている企業との取引」になるため「警告を受けたと認識する必要がある」と述べた。

このほか、中国政府が少数民族ウイグル族などのイスラム教徒を弾圧しているとの疑いに関連する声明で、中国共産党は反体制派を検閲し、新疆ウイグル自治区での大規模な抑留や中国全土での強制労働を実施しているが、ファーウェイはこの一部として機能しているとの認識を表明。「ファーウェイの一部従業員は、人権侵害に関与している中国共産党に物質的な支援を行っている 」とした。

ファーウェイの広報担当者は、ポンペオ長官のコメント内容を否定。「ファーウェイは中国政府から独立して業務を運営している。われわれは民間企業で、従業員が保有する企業だ。われわれの従業員のビザを制限するこの不公正で恣意的な行動にわれわれは失望している」と表明した。

ポンペオ長官はまた、中国のIT企業を巡り、米国民の個人情報を中国政府から守る必要があるとの方針を反映する決定を近く策定することも明らかにした。

米中関係は悪化しているものの、一方でポンペオ長官は中国が第1段階の米中通商合意を履行することを依然「期待」しているとした。

このほか、同長官は英国とデンマークの訪問に向け20日に出発すると表明。「世界中の自由な人々への(中国の)脅威」が議題の中心になるとしたほか、ファーウェイ問題も話し合われる見通しだとした。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below