for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中の2国間投資、上期は9年ぶり低水準 関係悪化で=調査

米中関係の緊張が高まる中、今年上半期の両国間の投資は9年ぶりの低水準に落ち込んだ。写真は上海に掲げられた米中の国旗。2019年9月撮影。(2020年 ロイター/Aly Song)

[香港 17日 ロイター] - 調査会社ロジウム・グループによると、米中関係の緊張が高まる中、今年上半期の両国間の投資は9年ぶりの低水準に落ち込んだ。中国企業に対して米国事業の切り離しを求める圧力がさらに強まる可能性もあるという。

米中間の企業による直接投資とベンチャーキャピタルによる投資は今年上半期に109億ドルと、前年同期比で16.2%減少した。新型コロナウイルスの流行も影響したという。

2016年と2017年の投資は半年間で総額400億ドル近くに達していた。

米国のトランプ政権は、安全保障上のリスクを理由に、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]や、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を傘下に収める北京字節跳動科技(バイトダンス)に対する圧力を強めている。

ロジウム・グループは「米中のハイテク統合に対する不安が高まっており、他の多くの企業──米国で事業を展開する中国企業と、中国に進出している米国企業──も、事業売却を迫られる可能性がある」と指摘した。

バイトダンスを巡る問題や米中のハイテク業界の分断を受けて、米ハイテク企業による中国での事業展開を難しくする政策が導入される可能性もあるという。

今年上半期の米国企業による対中投資は31%減の41億ドル。中国企業の対米投資は38%増の47億ドルだったが、このうちの大半は中国のテンセント・ミュージックTME.N主導の企業連合によるユニバーサル・ミュージック・グループの少数株式取得分(34億ドル)だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up