February 26, 2020 / 8:53 AM / a month ago

米WSJ紙、人種差別的コラム巡り過ち認める=中国外務省

 2月26日、中国外務省は26日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が今月上旬に掲載したコラムについて中国政府と最近対話し、過ちを認めたと発表した。写真は北京で2013年3月撮影(2020年 ロイター/Petar Kujundzic)

[北京 26日 ロイター] - 中国外務省は26日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が今月上旬に掲載したコラムについて中国政府と最近対話し、過ちを認めたと発表した。中国政府はコラムの見出しが人種差別的だと主張していた。

外務省の趙立堅報道官は定例会見で、同紙はまだ正式な謝罪はしていないと指摘。中国政府として正式な謝罪を要求するとともに、コラムに関与した者には責任を取らせると言明した。

同紙のコメントはまだ得られていない。

中国政府は19日、同国を「アジアの本質的な病人」と指摘したコラムを巡り謝罪を拒否したとして、WSJの3人の記者の記者資格を取り消した。

*見出しを修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below