for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米は中国抑圧やめよ、王氏がブリンケン氏に伝達=中国外務省

10月31日、中国の王毅外相(写真)はブリンケン米国務長官との電話会談で、米国が中国を封じ込め、抑圧しようとするのをやめ、両国関係に障害を作らないようにすべきと述べた。ニューヨークで9月代表撮影(2022年 ロイター)

[北京 31日 ロイター] - 中国の王毅外相は31日のブリンケン米国務長官との電話会談で、米国が中国を封じ込め、抑圧しようとするのをやめ、両国関係に障害を作らないようにすべきと述べた。中国外務省が発表した。

王外相は、米政府が中国に課した輸出規制は中国の正当な権利を著しく損ねており、是正されなければならないと述べたという。

また、中国国営通信の新華社によると王外相は、米政府が中国に対応する際、イデオロギーの偏りに目を奪われてはならないと述べた。

米国務省は、ブリンケン氏が王氏との電話会談で、ウクライナ情勢とそれが世界の安全保障・経済安定性にもたらす脅威について話し合ったほか、両国関係に責任を持って対応する必要性についても協議したとしている。

国務省のプライス報道官は31日の記者会見で、ブリンケン長官と王外相の電話会談は約70分間に及び、生産的かつ専門的な内容だったと指摘。「米国の政策が中国や世界の他の国々に向けられているとの考えは真実ではない。もちろん、多くの分野で中国と深い意見の相違があることは事実だ」とした。

さらに米国はロシアの戦争に対する中国のアプローチについて王外相から新たなことは何も聞いていないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up