for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中の北朝鮮担当代表が電話会談=米国務省報道官

[ワシントン 6日 ロイター] - 米国務省のプライス報道官は、北朝鮮が対話に向けたバイデン政権の呼び掛けを拒否し続ける中、米中の北朝鮮担当特別代表が6日に電話会談を行ったと明らかにした。

電話会談を行ったのは、米国のソン・キム北朝鮮政策担当特別代表と、中国の劉暁明・朝鮮半島問題特別代表。中国外務省も両者が電話会談を行い、「連絡を取り続けることで合意した」と明らかにした。

プライス報道官は会談の詳細は明らかにしなかったものの、北朝鮮問題を巡り韓国と日本と共に取り組んでいくとし、中国は「北朝鮮に対する影響力を持っており、果たせる役割がある」と指摘。バイデン政権は北朝鮮の「建設的な回答」を待っていると述べた。

キム特別代表は北朝鮮との非核化協議推進に向け、先月、韓国を訪問している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up