for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米・同盟国、5G整備でノキアなどへの投資検討すべき=司法長官

[ワシントン 6日 ロイター] - バー米司法長官は6日、次世代通信規格「5G」通信網構築で中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ) が支配的な立場を得ないよう、米国と同盟国はフィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンへの投資を検討すべきとの見解を示した。

バー長官はファーウェイが及ぼす脅威に懸念を表明。ファーウェイの支配に対抗するため、ノキアもしくはエリクソンのいずれか、もしくは両社に投資すべきとし、「米国と同盟国はこうしたアプローチを積極的に検討する必要がある」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up