for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の行動、ルールに基づく世界秩序を脅かしている=米国務長官

 米中高官による直接会談が3月18日、アラスカ州アンカレジで始まった。バイデン米政権側は冒頭で、中国の行動はルールに基づく世界の秩序を脅かしているとの懸念を表明するとともに、友好国を守るために行動する姿勢を示した。写真は、米国の中国現地法人の外に掲揚された米中の旗、1月に北京で撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[アンカレジ 18日 ロイター] - 米中高官による直接会談が18日、アラスカ州アンカレジで始まった。バイデン米政権側は冒頭で、中国の行動はルールに基づく世界の秩序を脅かしているとの懸念を表明するとともに、友好国を守るために行動する姿勢を示した。

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は冒頭で「われわれは衝突を求めていないが、厳しい競合関係は歓迎する。原理原則や自国民、友好国を守るために常に行動する」と強調した。

ブリンケン国務長官は中国の外交担当トップである楊潔チ・共産党政治局員と王毅国務委員兼外相に対し、中国の新疆、香港、台湾での行動に関する米側の「深い懸念」と米国へのサイバー攻撃、同盟国への経済的な強要行為を取り上げると表明。

「これらの行動は全て、世界の安定を維持しているルールに基づく秩序を脅かしている」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up