for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペロシ米下院議長、台湾に到着 「かつてないほど結束重要」と強調

[ワシントン/台北/北京 2日 ロイター] - アジア歴訪中のペロシ米下院議長が2日夜、台湾に到着した。米下院議長による台湾訪問は25年ぶり。ペロシ氏は声明で、台湾に対する米国のコミットメントがこれまで以上に重要だと述べた。

関係筋によると、3日に蔡英文総統との会談が行われる。

中国はペロシ氏の台湾訪問をけん制してきており、外務省報道官は今週、「中国の内政に対する重大な干渉」であり、「非常に深刻な展開と結果」につながると警鐘を鳴らし、中国軍は「座視しない」と警告していた。

ペロシ氏は到着後に声明を発表し、同氏が率いる米議員代表団による今回の訪台が「台湾の民主主義を支援するという米国の揺るぎないコミットメントを示す」とし、「台湾と米国の結束がかつてないほど重要になっている」と表明した。

また、米議員代表団の訪台は米国の長期にわたる対台湾政策に完全に合致すると強調。台湾指導部との協議では自由で開かれたインド太平洋の推進を含む共通の関心事に焦点が当てられるとした。

声明で「世界が独裁政治か民主政治かの選択に直面する中、2300万人の台湾市民と米国との連帯がこれまで以上に重要だ」とした。

ペロシ氏は台湾到着直後に公表された米紙ワシントン・ポストへの寄稿で、台湾の民主政治への取り組みを称賛する一方で、中国が近年、台湾との緊張を劇的に高めていると批判。「中国共産党による侵略加速に直面する中での米議員代表団の訪問は、米国が台湾を支持するという明確な声明としてみなされるべき」として訪台の理由を明かした。

ペロシ下院議長の台湾到着直前、中国国営メディアは、中国軍のSu━35戦闘機が台湾海峡上空を通過していると報じていた。

ただ、台湾国防部(国防省)は2日、同報道は誤りと発表。声明で、台湾付近の活動を完全に把握しており、「敵国の脅威」に対応して適切に軍を派遣するとした。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up