January 2, 2019 / 6:30 PM / 3 months ago

昨年末の株安は「グリッチ」、FRBは相場援護を=トランプ氏

 1月2日、トランプ米大統領は、2018年12月の株式相場下落は「グリッチ(瞬間的な不調)」に過ぎないとし、貿易協定がまとまれば上昇するとの認識を示した(2019年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 2日 ロイター] - トランプ米大統領は2日、2018年12月の株式相場下落は「グリッチ(瞬間的な不調)」に過ぎないとし、貿易協定がまとまれば上昇するとの認識を示した。また連邦準備理事会(FRB)は相場の安定を援護すべきとした。

トランプ氏は閣議で記者団に対し「先月は株式市場で少々グリッチが発生した」と指摘。「貿易問題が解決し、他の事柄も実現すれば値上がりするだろう」と語った。

またその後「FRBの助けも少々必要だ。しかし何とかなるだろう。通商を巡る合意が動き始めている」と述べた。

年明け2日の米株式市場は一時1%超下落。低調な内容となったアジア・欧州発の一連の経済指標を受け、世界経済の減速懸念が広がった。米連邦政府機関の閉鎖が長引いていることも背景にある。

トランプ氏はまた、中国との通商交渉が非常に順調に進んでいると述べた。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below