July 7, 2020 / 7:53 PM / a month ago

中国当局、国外在住者に帰国圧力 国内で家族逮捕も=米FBI長官

[ワシントン 7日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は7日、中国生まれの米在住者が中国当局者に帰国するよう圧力を掛けられた場合、FBIに名乗り出るよう呼び掛けた。

レイ長官はシンクタンク向けの講演で、中国はスパイ行為やサイバー攻撃などの手法を用いて経済、技術面で世界一の米国の地位を転覆させようとしていると指摘。中国の習近平国家主席は「フォックス・ハント(狐狩り)」と称するプログラムの下、中国生まれで外国に在住している人たちが国外で中国の政治や人権政策を批判しないよう帰国するよう圧力を掛けており、帰国を拒んだ人たちの家族を国内で逮捕していると述べた。

その上で「フォックス・ハントの標的になっている多くの人達が米国に居住し、その多くが永住権を取得している。中国政府はこうした人達を強制的に帰国させようとしており、そのために利用している手段は衝撃的だ」とし、「中国政府のフォックス・ハントの標的になっていると思われる人がいる場合、FBIに名乗り出てほしい」と述べた。

レイ長官はこのほか、FBIが現在実施している約5000件のスパイ活動防止活動について、約半分が中国に関連していると明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below