January 10, 2018 / 10:34 PM / a year ago

トランプ氏、米国が公平な扱い受けるならパリ協定に復帰も

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、離脱を表明した地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」について、自身の主な懸念は米国が不公平な扱いを受けていることだとし、協定内容が修正される場合には米国が復帰する可能性を示唆した。

大統領は訪米中のノルウェー首相と臨んだ記者会見で、パリ協定は「米国を極めて不当に扱っている」と発言。温暖化対策の協定を結ぶこと自体に問題があるとは思わないが、パリ協定は「悪い内容だった」と指摘。「場合によっては米国の復帰もあり得る」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below