January 11, 2019 / 4:25 AM / 8 months ago

米CP発行残高、4年ぶり大幅増 リスク回避でMMFに資金流入

 1月10日、米連邦準備理事会(FRB)が公表したデータ(1月9日までの週)によると、米コマーシャルペーパー(CP)の発行残高は572億ドル増の1兆0550億ドルとなり、1週間の増加幅として4年ぶりの大きさとなった。写真はコロラド州 で2009年11月撮影(2019年 ロイター/Rick Wilking)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が10日公表したデータ(1月9日までの週)によると、米コマーシャルペーパー(CP)の発行残高は572億ドル増の1兆0550億ドルとなり、1週間の増加幅として4年ぶりの大きさとなった。

米金融市場の不安定な動きを受けてリスクの低いマネー・マーケット・ファンド(MMF)に資金が流入した。MMFはCPの大規模な買い手となっている。

米CP発行残高は前週、325億ドル減少していた。

9日までの週の増加幅は、2015年1月7日までの週(602億ドル増)以来の大きさとなった。

季節調整済みの発行残高は271億ドル増の1兆0730億ドルで、2017年12月26日までの週以来の大幅増となった。

一部のアナリストはCPの季節調整済みデータについて、世界的な金融危機がゆがみの原因になっているとして、季節調整前のデータのほうが信頼性が高いと指摘している。

アイマネーネットが9日に公表したデータ(1月8日までの週)によると、MMFの資産総額は356億2000万ドル増の3兆0290億ドルとなり、2010年3月9日までの週以降で初めて3兆ドルを超えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below