December 23, 2018 / 5:01 AM / a month ago

米政府一部閉鎖がクリスマス後まで続く公算、上院は27日に再開

[ワシントン 22日 ロイター] - 22日に始まった米政府機関の一部閉鎖は、トランプ大統領が要求するメキシコ国境の壁建設費用を巡り与野党が対立したままで、クリスマス休暇後の週後半まで続く公算となった。

 12月22日、米上院は散会し政府機関の一部閉鎖はクリスマス後まで続く見通しとなった。米議事堂で21日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

上院は22日に再開したが短時間で散会、次の審議は27日に開かれる予定だ。

与党共和党のマコネル上院院内総務は、上院議員を27日まで自宅に帰した。合意が成立すれば呼び戻すとしているが、27日まで閉鎖が続く可能性が高い。

22日の午後、ペンス副大統領とマルバニー大統領首席補佐官代行が野党民主党のシューマー上院院内総務と協議したが、進展はなかったもよう。

シューマー院内総務の報道官は「協議で副大統領が提案をしてきた。残念ながら我々の溝はまだ深い」と述べた。

ABCニュースは、複数の情報筋の話として、ペンス副大統領が50億ドルの国境の壁建設費を取り下げ、代わりに21億ドルの建設費計上を提案したと伝えた。

ホワイトハウスによると、トランプ大統領は事態を受け、クリスマスをフロリダ州で過ごす予定を取りやめた。

米政府高官は、大統領は引き続き50億ドルの国境の壁建設費計上を求めていると記者団に語った。

民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務は共同声明で、来週以降も政府の一部閉鎖が続く場合、来年1月3日には民主党が下院の多数勢力となるため、政府を再開する法案を可決させる方針を示した。

メキシコ国境の壁建設は、トランプ大統領の選挙公約だが、現在、米国民の間では重要視されていないようだ。

ロイター/イプソスが11月下旬に実施した調査では、「議会の3つの重要課題」に国境警備の改善を挙げた割合は31%にとどまった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below