June 22, 2018 / 4:52 AM / 3 months ago

米下院、大型農業法案を可決 フードスタンプ制度を変更

[ワシントン 21日 ロイター] - 米下院は21日、大型農業法案を賛成213・反対211で可決した。

 6月21日、米下院は、大型農業法案を賛成213・反対211で可決した。写真はミシシッピ州の畑。5月撮影(2018年 ロイター/JONATHAN BACHMAN)

ただ、法案には低所得者向けの食料購入補助制度(フードスタンプ)の変更が盛り込まれており、このままの形では民主党の反対で法制化できないとみられている。

上院は独自の農業法案を審議中。上院の法案にはフードスタンプの大規模な変更は盛り込まれていない。

下院が可決した農業法案は8670億ドル規模。食糧支援、穀物補助金、地方開発、環境保全、地方のオピオイド(医療用鎮痛剤)乱用対策などの予算が盛り込まれている。

フードスタンプについては、働いていることが受給の条件となる非障がい者の年齢上限を49歳から59歳に引き上げるほか、就学児のいる世帯の受給条件も厳格化する。

民主党は、こうした変更に反対しており、上院で超党派法案の審議を進めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below