for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン政策に批判的な米民主議員、離党観測報道を否定

 米民主党中道派のマンチン上院議員(写真)は、同党が歳出法案の規模を縮小しなければ離党する可能性があるとの報道を否定した。19日撮影(2021年 ロイター/Elizabeth Frantz)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米民主党中道派のマンチン上院議員は、同党が歳出法案の規模を縮小しなければ離党する可能性があるとの報道を否定した。

オンラインメディアのマザー・ジョーンズは、マンチン議員が離党して無所属議員になる可能性があると報じた。

マンチン議員は報道を否定し、うわさを管理することはできないと記者団に語った。

マンチン議員は、投票権から気候問題への取り組みまでバイデン大統領のさまざまな優先課題を巡り党内で対立し、3兆5000億ドル規模の社会保障関連歳出法案についても大幅な縮小を主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up