Reuters logo
クォールズ氏の米FRB理事指名案、上院銀行委が可決
2017年9月7日 / 16:58 / 12日前

クォールズ氏の米FRB理事指名案、上院銀行委が可決

[ワシントン 7日 ロイター] - 米議会上院の銀行委員会は7日、連邦準備理事会(FRB)の理事兼金融規制担当の副議長に、元財務次官のランダル・クォールズ氏を指名する人事案を賛成多数で可決した。

金融規制緩和を目指すトランプ大統領に一段の追い風となる。

採決の結果、共和党メンバー全員に加えて民主党員11人中5人が賛成に回った。

通貨監督庁(OCC)長官に、ジョゼフ・オッティング氏を指名する人事案の採決も行い、共和党全議員のほか民主党議員1人が賛成し、可決した。

両氏の人事案は上院に回され、最終的に確定する見通しだ。

前日にはFRBのフィッシャー副議長が、任期途中の10月中旬をもって退任すると表明した。

クォールズ氏の指名見通しとフィッシャー氏の退任表明を受け、アナリストらはトランプ氏の規制緩和路線が加速し、各金融機関の業績に追い風となる可能性を指摘する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below