for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米下院共和党、ナンバー3にトランプ氏擁護派ステファニク氏選任

米下院共和党は、ナンバー3のポストから解任されたリズ・チェイニー議員の後任として、エリス・ステファニク議員を選任した。写真は5月14日、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Evelyn Hockstein)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米下院共和党は14日、12日にナンバー3のポストから解任されたリズ・チェイニー議員の後任として、エリス・ステファニク議員(36、ニューヨーク州選出)を選任した。

ステファニク氏はトランプ前大統領の1回目の弾劾裁判でトランプ氏を強く擁護した人物。一方、チェイニー氏は、昨年11月の大統領選挙が不正に操作されたとのトランプ前大統領の主張を否定し、同氏と激しく対立していた。

選任は下院議員の非公開会合で決定された。ステファニク氏の選任はトランプ氏が党内で影響力を強めていることを示唆している。トランプ氏は2022年の中間選挙で重要な役割を果たす意向であるとともに、24年の大統領選出馬も視野に入れている。

ステファニク議員は「トランプ氏は共和党の重要な人物だ。有権者は共和党のリーダーに投票し、トランプ氏がそのリーダーを務めると期待されている」と述べた。

後任には堅実な保守派のチップ・ロイ議員も立候補したが、敗退した。

非公開会合後、トランプ氏は声明で「ステファニク氏の圧倒的な大勝利を祝福する!下院共和党は団結しメイク・アメリカ・グレート・アゲイン(MAGA、アメリカを再び偉大に)運動は強力だ!」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up