May 13, 2019 / 4:08 PM / 12 days ago

アップルのアプリ訴訟、米最高裁が継続支持 消費者「過剰負担」

[ワシントン 13日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が端末向けアプリを同社のオンライン店舗での販売に限定し、売り上げの3割を手数料として徴収するのは独占禁止法(反トラスト法)に違反するとして、消費者らが集団で同社を相手取り起こした訴訟で、米最高裁は13日、原告の請求は無効だとするアップルの主張を退け、裁判の継続を支持する判断を示した。

判決は賛成5、反対4。アップルは、アプリ価格を設定し手数料を支払うのは開発者であり、同社は開発者と消費者の仲介役を果たしているに過ぎないと指摘。裁判の継続は電子商取引(eコマース)市場を阻害しかねないと主張した。これに対し原告団は、手数料を負担しているのは開発者ではなく消費者であり、消費者こそ過剰な負担を強いられているとした。

アップルによると、開発者側の2017年の収益は260億ドル超と、16年から3割増加している。株価は5%安の187ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below