for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米最高裁、ボストンマラソン爆破事件で死刑判決

米最高裁判所(写真)は4日、2013年に起きたボストン・マラソン爆破事件で、ジョハル・ツァルナエフ被告(28、当時19)の死刑判決を維持する判断を下し、死刑を破棄した下級審の判断を覆した。2020年8月撮影(2022年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米最高裁判所は4日、2013年に起きたボストン・マラソン爆破事件で、ジョハル・ツァルナエフ被告(28、当時19)の死刑判決を維持する判断を下し、死刑を破棄した下級審の判断を覆した。

判決は6対3で、保守派判事全員が賛成に回った。トーマス判事は判決文で「被告は凶悪な犯罪を犯した」と強調した上で、「公平な陪審員の前で公正な裁判が行われた」と述べた。

13年の事件では、マラソンのゴールライン付近で爆発が起こり、3人が死亡、260人超が負傷した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up