for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向=関係筋

[ワシントン 25日 ロイター] - 18日に死去したギンズバーグ連邦最高裁判事の後任に、トランプ米大統領が保守派のエイミー・バレット連邦控訴裁判事(48)を指名する意向であることが、関係者2人の話で明らかになった。

トランプ米大統領が最高裁判事に保守派のエイミー・バレット連邦控訴裁判事(写真)を指名する意向と、CNNが25日、共和党筋の情報として報じた。写真は19日、ノートルダム大学から入手(2020年 ロイター/Matt Cashore/Notre Dame University/Handout via REUTERS)

トランプ大統領は26日、ホワイトハウスで正式に候補の紹介を行う予定。関係者2人は匿名を条件に、大統領がバレット氏を指名する意向だと明らかにした。ただ、翻意する可能性もあるという。

トランプ氏は25日、記者団に対し、すでに決断したと述べたが、誰に決めたかは明かさなかった。

バレット氏は、トランプ大統領が2017年にシカゴに本部を置く第7巡回区連邦控訴裁の判事に指名した。アトランタに本部を置く第11巡回区控訴裁のバーバラ・ラゴア氏と共に最高裁判事の有力候補と見られていた。

トランプ大統領による最高裁判事の指名は3人目。バレット氏の指名が承認されれば、女性としては5人目の最高裁判事となる。また、保守派判事はリベラル派に対し6対3の割合となり、最高裁の保守化が進む。

バレット氏はトランプ大統領の重要な支持基盤であるキリスト教保守派の間で支持が強い。

リベラル派の間では、バレット氏が最高裁判事になれば、人口妊娠中絶の権利を認めた1973年の「ロー対ウェイド」判決が覆される可能性が高まると懸念の声が広がっている。

バレット氏は控訴裁判事就任後の3年間に、トランプ大統領の強硬な移民政策の1つを支持したほか、銃を持つ権利にも支持を表明するなど、激しい論争を呼ぶ問題で保守的な法的見解を打ち出してきた。

最高裁判事の人事は議会上院(定数100)の承認が必要だが、共和党が過半数の53議席を握る。民主党は大統領選前の承認に反対しているが、上院共和党で選挙前の承認手続きに反対の立場を示した議員は2人にとどまっている。

*バレット判事の経歴などを追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up