August 3, 2018 / 9:53 PM / 2 months ago

米11州が新たに連邦政府提訴、3D銃製造法公開差し止め求め

[3日 ロイター] - 米国で3Dプリンターを使った拳銃製造方法のインターネット公開差し止めを求める動きが強まっている。

2日に裁判所に提出された文書出によると、カリフォルニア、コロラド、デラウェア、ハワイ、イリノイ、アイオワ、ミネソタ、ノースカロライナ、ロードアイランド、バーモント、バージニアの11州が銃製造方法データ公開差し止めを求める訴訟に加わった。

これに先立ち、ワシントンDCおよび8州が公開差し止めを求めて、連邦政府を提訴していた。

同データは1日にインターネット上で公開される予定となっていたが、犯罪者による銃の入手が用意になるとして、反発が強まっていた。一方、銃擁護団体の間からは、3D銃を巡る懸念は行き過ぎとの声が上がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below