September 24, 2018 / 8:59 AM / 3 months ago

米最高裁判事候補を告発の女性、27日に証言 新たな疑惑も浮上

 9月23日、米連邦最高裁判事に指名されているカバノー氏(写真)から過去に性的暴行を受けたと主張している女性大学教授が、上院司法委員会で27日に証言することが明らかになった。写真は6日の公聴会で撮影(2018年 ロイター/Alex Wroblewski)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦最高裁判事に指名されているブレット・カバノー氏から過去に性的暴行を受けたと主張している女性大学教授、クリスティン・ブレイジー・フォード氏が、上院司法委員会で27日に証言する。フォード氏の弁護士と同委員会が23日明らかにした。

議会の公聴会は27日午前10時(1400GMT、日本時間午後11時)に開かれる予定。カバノー氏も同公聴会で証言することに合意している。

フォード氏の議会証言の日程が明らかになった数時間後、米誌ニューヨーカーはカバノー氏による性的な不適切行為があったとする2人目の女性、デボラ・ラミレス氏の告発を報じた。

ニューヨーカーによると、不適切行為があったのはラミレス氏とカバノー氏がエール大学に在学していた1983─84学年度で、カバノー氏が学生寮での飲酒を伴うパーティーで自身を露出したという。

カバノー氏はフォード氏の主張を「まったくの偽り」だとして否定している。またホワイトハウスが23日夜に発表した声明で、ラミレス氏の告発内容は「実際には起こらなかった」と主張した。

カバノー氏は「27日に真実について証言し、これまの人生で築き上げてきた自身に対する評価を守ることを楽しみにしている」とした。

上院司法委は声明で「フォード氏の証言後、カバノー氏が再び委員会で証言する」と説明した。カバノー氏は先週、同委員会のスタッフからの質問を受けていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below