September 17, 2018 / 10:35 PM / a month ago

米最高裁判事の指名承認採決、多少遅れても構わない=トランプ大統領

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、連邦最高裁判事に指名しているブレット・カバノー氏の上院での指名承認採決が幾分延期されても構わないとの認識を示した。

トランプ大統領は「多少の遅れが出るのであれば、それはそれで仕方がない」と述べた。

カバノー氏を巡っては、カリフォルニア州の大学教授クリスティン・ブレイジー・フォード氏が数十年前に性的暴行を受けたと主張し、公の場で証言する姿勢を示している。

トランプ大統領は、引き続きカバノー氏に全幅の信頼を置いており、議会での承認プロセスも順調に進んでいると言明。その上で、同氏を巡る疑惑を晴らすために「十分なプロセスを踏み、すべての主張を聞くべき」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below