for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ米大統領、納税記録提出巡る訴訟で最高裁に上告

 11月14日、トランプ米大統領は、納税申告書のニューヨーク州検察当局への提出を支持した連邦控訴裁(高裁)の判決を不服とし、最高裁に上告した。ホワイトハウスで13日撮影(2019年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、納税申告書のニューヨーク州検察当局への提出を支持した連邦控訴裁(高裁)の判決を不服とし、最高裁に上告した。

争われているのは2011─18年のトランプ氏個人と、トランプ一族が経営するトランプ・オーガニゼーションの納税申告書。

トランプ氏の弁護士は最高裁に対し、連邦高裁の「危険で有害な決定」を覆すよう訴えた。

トランプ氏側は、現職大統領は刑事訴追されないため、提出を求める召喚状は違憲だと主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up