December 17, 2019 / 2:26 AM / a month ago

米高利回り債ETF、最大銘柄が2年ぶり高値 米中通商合意受け

 米中による「第1段階」の通商合意を受けて投資家のリスク選好が高まる中、大型の米高利回り債ETF(上場投資信託)が12月16日の取引で上昇し、最大規模のETFは約2年ぶりの高値を付けた。写真は握手する中国の習近平国家主席とトランプ米大統領。2017年11月9日、北京で撮影(2019年 ロイター/Damir Sagolj)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米中による「第1段階」の通商合意を受けて投資家のリスク選好が高まる中、大型の米高利回り債ETF(上場投資信託)が16日の取引で上昇し、最大規模のETFは約2年ぶりの高値を付けた。

時価総額で最大規模のiシェアーズiBoxx$高利回り社債ETF(HYG)は、2018年1月26日以来の高値を記録。

同銘柄に次ぐ規模のSPDRブルームバーグ・バークレイズ高利回り債ETF(JNK)も、今年6月20日以来の高値を付けた。

一方、安全資産の米国債は利回りが上昇し、米社債との利回り格差が縮小。ICEバンク・オブ・アメリカ・コーポレート指数.MERC0A0によると、米投資適格級債と米国債の利回り格差は13日の取引終了時点で105ベーシスポイント(bp)と、昨年3月以来のタイトな水準となった。米高利回り債と米国債の利回り格差.MERH0Aは371bpと、今年5月以来のタイトな水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below