March 20, 2018 / 1:11 AM / a month ago

鉄鋼・アルミ関税、米国の農産物輸出にリスク=米農務長官

[スコッツデール(米アリゾナ州) 19日 ロイター] - パーデュー米農務長官は19日、トランプ政権の高関税導入に対する各国の報復措置で、米国の農産物輸出がリスクにさらされる可能性があるとの懸念を示した。

 3月19日、パーデュー米農務長官(写真)は、トランプ政権の高関税導入に対する各国の報復措置で、米国の農産物輸出がリスクにさらされる可能性があるとの懸念を示した。写真は北京で米国産牛輸入のイベントで発言する同農務長官。代表撮影(2018年 ロイター)

米政府の鉄鋼・アルミニウム関税は今週、発効する見通し。

パーデュー長官は、米国が現在、貿易戦争状態にあるわけではないとしたものの、米政府の動きに応じた影響が既に見受けられていると語った。

長官は当地で行われた会合に出席した際、「鉄鋼・アルミ関税を踏まえ、一部で貿易の混乱が確かにある」と述べた。 ただ長官は、貿易上の混乱の詳細や米国産商品作物への直接的な影響については言及しなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below