Reuters logo
トランプ氏、キューバ渡航規制強化へ 企業取引制限も=米当局者
June 15, 2017 / 9:11 PM / 6 months ago

トランプ氏、キューバ渡航規制強化へ 企業取引制限も=米当局者

[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、自国民のキューバ渡航規制を強化、キューバ軍が支配下におく企業と自国企業の取引を制限する。

 6月15日、トランプ米大統領は自国民のキューバ渡航規制を強化、キューバ軍が支配下におく企業と自国企業の取引を制限する方針。4月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

大統領のメモ素案の内容を知る、複数の米当局者が明かした。

トランプ氏はマイアミの演説で新たなキューバ政策を示し、オバマ前政権が推進した関係改善に向けた政策を一部見直す方針。その際にメモも公表する。対キューバ政策の見直しは2016年の大統領選での公約。

具体的には、トランプ氏は演説でキューバへの観光目的の渡航禁止を堅持すると表明するとともに、当局は12の渡航目的に該当する米国人にのみ渡航を認める規則の執行を強化する。

米国の法律ではキューバへの観光は禁止されているものの、オバマ前政権は「草の根」交流カテゴリーの一環としてキューバへの渡航を認めていた。しかし、ホワイトハウス当局者はこれがビーチでの休暇を過ごそうとする観光客に悪用されていたとして、トランプ氏の新政策ではこうした個人旅行客を認めない方針だ。

ただ、団体ツアーによる訪問や、宗教や芸術、取材活動といったその他カテゴリーでの個人旅行は今後も認めるという。

米企業に対する取引制限はホテルなど多くの業種に関与するキューバ軍傘下の企業グループGAESAが対象となる。

一方、キューバ国営のホテルや飲食店を米国人訪問者が利用することが新たな規制で禁止されるかどうかは不明。米商務、国務の各省は今後数カ月かけて大統領のメモを基に規制の詳細を決定し、文書にする見通し。

ただ、米当局者によると、大使館の閉鎖や2015年に回復したキューバとの国交を再び断絶することはないとみられる。また、オバマ政権下で再開された民間航空会社による二国間の直行便の運行再開なども見直しの対象とはならない。

    さらにホワイトハウス当局者によると、トランプ政権は、米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナル(MAR.O)傘下のスターウッドホテルズがキューバの首都ハバナのホテルを運営する事業など、既に合意済みの取引を「阻害する」意図はないという。

    米国民が個人でたしなむために持ち帰ることができるキューバ産ラム酒と葉巻の量を制限する措置の復活計画もないという。

    結果として、今回の対キューバ政策の見直しは広範囲に及ぶものの、両国関係の改善を支持する人々の多くが恐れていたほど抜本的なものとはならないようだ。

    トランプ氏はキューバの人権問題に言及することで規制の一部強化を正当化するとみられる。大統領の側近らは、オバマ政権による規制緩和はキューバ国内の政治的自由の拡大につながっておらず、キューバ政府のみが恩恵を受けていると主張している。

    *内容を追加しました。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below