for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、スイスとベトナムを為替操作国指定 台湾など監視リストに追加

[ワシントン 16日 ロイター] - 米財務省は16日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書を公表し、スイスとベトナムを「為替操作国」に指定した。このほか、台湾、タイ、インドを「監視リスト」に追加した。

財務省は、スイスとベトナムが2020年6月まで、外国為替市場に介入したと指摘。ベトナムは「国際貿易でも不公平な競争力」を獲得する取り組みを行っていたとした。

監視リストにはこれまで、中国、日本、韓国、ドイツ、イタリア、シンガポール、マレーシアの7カ国を指定。インドとシンガポールについて、外為市場に「持続的、かつ非対称的に」介入したと指摘。ただ為替操作国指定の他の条件には当てはまらなかったとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up