May 16, 2019 / 4:29 PM / 10 days ago

米下院情報委、中国の「問題行動」検証開始 社会統制に焦点

 5月16日、米議会下院の情報委員会は、問題とされる中国の行動を検証する作業を始めた。天津市で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米議会下院の情報委員会は16日、問題とされる中国の行動を検証する作業を始めた。来年にかけて行う。

この日は外部専門家の公聴会を開き、中国が諜報活動や影響力行使、政治統制に国内外で技術を活用するとされる問題を検証した。

アダム・シフ委員長(民主党)は、中国は人工知能や機械学習、顔認識ソフトを活用して社会統制を強化したと指摘。「こうした技術革新と権威主義は強い懸念を抱かせるもので、中国以外にも拡大している」と述べた。

シフ氏は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]についても批判。「ファーウェイ関係者は、製品を購入した各国市民の自由を保障したりプライバシーを保護したりすることに全く関心がないと明言している。これは受け入れられない。市民の自由やプライバシー保護を巡る状況悪化を傍観できないし、すべきでもない」と訴えた。

共和党のデビン・ヌネス議員は「中国は米国の支持者を獲得したり、国民の間に混乱を引き起こしたり、米国社会で中国の脅威に反対する動きを弱体化したりするため、社会に影響を与える攻撃的で巧妙な活動を展開してきた」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below