November 27, 2017 / 8:19 PM / 3 months ago

シーメンスやムーディーズに侵入、米検察が中国人ハッカー3人起訴

[ピッツバーグ(ペンシルベニア州)/ニューヨーク 27日 ロイター] - 企業秘密を盗もうと、ドイツの総合電機大手シーメンス(SIEGn.DE)や、米計測機器メーカーのトリンブル(TRMB.O)、ムーディーズ・アナリティックスのネットワークに侵入したとして、米検察当局は27日までに、中国のサイバーセキュリティー会社関係者の中国人3人を起訴した。

    ピッツバーグの連邦裁判所で起訴状が公表された。政府の支援を受けたハッカーでなく、個人として起訴した。

    起訴状によると、3人は他者と共謀して2011年から今年にかけ、組織的で不正なサイバー攻撃を仕掛けたとしている。ムーディーズエコノミストの電子メールを盗み見たほか、シーメンスの輸送、技術、エネルギー部門のデータを盗むなどしたという。

    コンピューターシステムのぜい弱性を悪用し、事業情報のほかユーザー名、パスワードを含む従業員情報などにアクセスするため、悪意のあるソフトウエア(マルウエア)を使ったとしている。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below