for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米IT企業へのサイバー攻撃、ハッカー集団が7000万ドル要求か

[ワシントン 5日 ロイター] - 米フロリダ州に拠点を置くIT企業へのランサムウエア(身代金要求型の不正プログラム)攻撃で国内外に被害が広がった問題で、犯行グループとされるハッカー集団は4日遅く、闇サイトへの投稿でデータを元に戻す見返りとして7000万ドルを要求した。

ロシア系のランサムウエア集団「REvil(レビル)」が使用する闇サイトに投稿された。

サイバーセキュリティー企業レコーデッド・フューチャーのアラン・リスカ氏は、レビルの中心的人物による投稿であることが「ほぼ確実」だと分析した。

ランサムウエア攻撃はフロリダ州マイアミに拠点を置くカセヤを標的に2日に実施された。同社顧客のシステムが侵入されるなど、連鎖的に被害が広がった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up