March 18, 2019 / 11:43 PM / 3 months ago

米国防総省、壁建設のため削減可能な軍事案件を議会に提示

3月18日、シャナハン米国防長官代行(写真)は、メキシコ国境の壁建設に充てるため軍事建設予算から削減が可能なプロジェクトの一覧を議会に提示したことを明らかにした。米軍機内の記者会見でで2月に代表撮影(2019年 ロイター)

[ワシントン 18日 ロイター] - シャナハン米国防長官代行は18日、メキシコ国境の壁建設に充てるため軍事建設予算から削減が可能なプロジェクトの一覧を議会に提示したことを明らかにした。

トランプ大統領は2月、議会の承認を得ずにメキシコ国境の壁建設費用を確保するため国家非常事態を宣言した。議会は同宣言を無効とする決議案を可決したが、大統領は前週、この決議案に拒否権を発動した。

シャナハン長官代行は、削減が可能なプロジェクトのリストを議会に送付したかとの質問に対し、「送付した」と答えた。

ロイターが確認した20ページ以上の文書では、2018年12月31日時点で予算が付与されていなかった全てのプロジェクトが挙げられており、ニューヨークの米陸軍士官学校の墓地や韓国のキャンプ・タンゴにおける指令室などが含まれている。

実質的には、議会がどのプロジェクトを削減対象から外すか判断することになる。

国防総省は声明で、リストに含まれているプロジェクトの総額は約129億ドルだと明らかにした。同省はこれまでに、軍事建設予算から今年、必要なら36億ドル前後を拠出することが可能としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below