March 28, 2019 / 12:20 AM / 3 months ago

米国防総省、10億ドルを壁建設費に充当へ 議会は反発

 3月27日、シャナハン米国防長官代行(写真)は、国防総省の予算から10億ドルをメキシコ国境の壁建設に振り向ける計画について、議会からの反発が予想されるものの、推し進める考えを示した。26日にワシントンで撮影(2019年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

[マイアミ 27日 ロイター] - シャナハン米国防長官代行は27日、国防総省の予算から10億ドルをメキシコ国境の壁建設に振り向ける計画について、議会からの反発が予想されるものの、推し進める考えを示した。

下院軍事委員会のアダム・スミス委員長(民主党)は26日、委員会はこの案を承認しないとし、強行すれば議会は新たな制限を設け、今後国防総省に影響が及ぶ可能性があるとけん制した。

一方、シャナハン氏はこの日、それでも10億ドルを壁建設費に振り向けると主張。委員会の立場は理解しているものの、一方で大統領令があると説明した。

議会は国防総省から予算再編成の権限を奪うことを検討する可能性があり、スミス委員長は議会公聴会でそれを示唆している。

スミス委員長がそうしたことを断行すると思うかとの質問にシャナハン氏は「そうなることを予想している」とコメントした。

それでも、国防総省は10億ドルをメキシコ国境の壁建設に振り向ける権限があると主張している。

米下院本会議は26日、トランプ大統領が拒否権を発動した国家非常事態宣言の無効決議を再び採決したが、3分の2の賛成票が集まらず、再可決はならなかった。

スミス委員長は議会で、トランプ氏が議会に提出した7500億ドルの国防予算について、議会は承認しないと指摘。この国防予算には、戦費に相当する「海外作戦経費(OCO)」1000億ドルが含まれており、国防総省は、予算が上限に達することを回避するためOCOを使おうとしている。

シャナハン氏は、予算を再編成の権限を失えば、災害や他の緊急事態時に必要に応じて予算を振り分けることができなくなると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below