July 26, 2018 / 10:38 PM / 3 months ago

米下院、国防権限法案を可決 中国の対米投資抑制へ

[ワシントン 26日 ロイター] - 米下院は26日、国防予算の大枠を定める総額7160億ドルの国防権限法(NDAA)案を賛成多数で可決した。中国による対米投資を抑制するほか、米政府機関による中国通信会社の技術使用を禁止する規定が盛り込まれている。

 7月26日、米下院は、国防予算の大枠を定める総額7160億ドルの国防権限法(NDAA)案を賛成多数で可決した。2010年1月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

投票結果は賛成359、反対54だった。上院では既に可決されている。

法案には、安全保障上の懸念を理由に、政府機関が中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)(000063.SZ)と華為技術(ファーウェイ)HWT.ULの技術を利用することを禁じる項目が盛り込まれた。

また、海外勢による対米投資を審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を強化し、安全保障上の懸念に対応できるように審査対象を拡大する規定も含まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below