for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、対北朝鮮制裁と対ロ措置を検討へ=国務長官

[ワシントン 1日 ロイター] - 米国のブリンケン国務長官は、バイデン政権は北朝鮮に対する新たな制裁措置のほか、ロシアに対する何らかの措置を検討すると述べた。

バイデン政権は現在、トランプ前政権から引き継いだ外交政策を見直し中。ブリンケン氏はNBCニュースのインタビューに対し、朝鮮半島の非核化に向けた政策には、同盟国と協調して実施する追加制裁措置のほか、外交努力が含まれると述べた。

ロシアについては、反体制派指導者ナワリヌイ氏の釈放を求める抗議運動で5000人超が拘束されたことに「深い遺憾」を表明。具体的な措置には言及しなかったものの、バイデン政権はロシア政府の抗議運動への対応のほか、20年の選挙介入やサイバー攻撃の疑いなどについて検証を行っていると述べた。

バイデン大統領は先週、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、ナワリヌイ氏の釈放を求めた。ブリンケン氏は「バイデン大統領はプーチン氏との会談でこれ以上ないほど明確に考えを伝えた」と語った。

インタビューは1月31日に収録された。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up