March 27, 2019 / 5:10 PM / 25 days ago

米与野党議員、トランプ大統領の外交・対外支援削減案に反発

[ワシントン 27日 ロイター] - 米民主・共和両党の下院議員は27日、トランプ大統領の外交・対外支援予算削減案に反発した。ホワイトハウスとの対立に発展する可能性もある。

国務省歳出を所管する小委員会の共和党幹部、ハル・ロジャース氏は、同省予算を約110億ドル減らして400億ドルとするトランプ氏の要求に「失望」したと語った。

歳出委員会のニタ・ローウィー委員長(民主党)は「政権発足から3年目というのに、大統領は外交や開発の投資継続がもたらす利点をまだ理解していないことに驚く」と述べた。

民主党のロイス・フランケル議員は、ポンペオ国務長官が前日、反人工妊娠中絶策の拡充に言及した件を強く批判。「妊娠中絶に妄想を抱く政権だ」とし、女性の健康に関わる支出の撤廃は「破壊的な影響」をもたらすと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below