January 28, 2020 / 9:46 PM / 20 days ago

米、今年のGDP成長率2.2%へ 財政赤字1兆ドル超=CBO

[ワシントン 28日 ロイター] - 米議会予算局(CBO)は28日、今年の実質国内総生産(GDP)成長率は2.2%と底堅く推移する一方、財政赤字は1兆0150億ドルに達するという見通しを示した。

米議会予算局(CBO)は28日、今年の実質国内総生産(GDP)成長率は2.2%と底堅く推移する一方、財政赤字は1兆0150億ドルに達するという見通しを示した。ワシントンで昨年11月撮影(2020年 ロイター/Amber Searls)

GDP成長は2021年が1.9%、22年は1.7%と予想。財政赤字は21年が1兆ドル、22年が1兆1160億ドルを見込む。19年は9840億ドルだった。

CBOは物価と金利について、過去10年の低迷を経て上向くとした。消費者物価指数(CPI)の見通しは20年が2.4%、21年が2.5%、22年が2.6%。10年債利回りUS10YT=RRは20年が1.9%、21年が2.2%、22年が2.6%。

長期見通しでは、GDP成長率が2021━30年の期間に平均1.7%に減速すると予測。インフレ率と金利の伸びも23年に鈍化に転じるとした。

財政赤字は2020年会計年度(20年9月まで)に1兆ドルを超えた後、21─30年の期間の年間平均は1兆3000億ドルになるとの見通しを示した。一部のエコノミストや当局者はこの水準は持続不可能だと指摘する。

2009会計年度に過去最大の1兆4000億ドルを記録した財政赤字は、12年以降、1兆ドルを上回っておらず、オバマ前大統領の2期目が終わった2016年に5850億ドルまで縮小した。

CBOの見通しは、現在の税制および歳出関連法がおおむね変更されないとの前提を置いている。

CBOの試算によると、米国の公的債務残高は2030年末までに31兆4000億ドルに膨らむ見通し。対GDP比率は98%となり、第2次世界大戦直後以来の高水準を付け、「過去50年間の平均の2倍以上」に上昇すると指摘した。

今後数十年における最大の支出項目は連邦政府債務の利払い費と拡大が見込まれる社会保障給付など義務的経費だとし、この結果、連邦政府の歳出の伸びが歳入の伸びを上回る状態が2050年まで続くと予測した。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below