for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CB消費者信頼感、10月は100.9に低下 16年10月以来の低水準

[ワシントン 27日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が27日発表した10月の米消費者信頼感指数は100.9と、前月の101.3から低下した。予想の102.0も下回り、2016年10月以来の低水準となった。財政刺激策の影響が薄れる中、経済活動は第4・四半期に減速するとの見方が裏付けられた。

 10月27日、コンファレンス・ボード(CB)が発表した10月の米消費者信頼感指数は100.9と、前月の101.3から低下した。予想の102.0も下回り、2016年10月以来の低水準となった。写真はニューヨークのショッピングモールで6月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

主要州別では、11月の米大統領選でトランプ大統領が再選を果たすのに重要とされる激戦3州で消費者信頼感が大幅に悪化、景気の先行き懸念が強まっていることを示した。

全国の現況指数は104.6と、前月の98.9から上昇。期待指数は98.4と、102.9から低下した。

1年先のインフレ期待は5.6%と、5.7%から低下した。

CBは「新型コロナウイルス感染者が増加している上、失業率は依然高水準で推移しており、年末に向けて経済の勢いが増すとみる消費者は乏しい」とした。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「新型コロナの感染第2波に見舞われ、米選挙日接近とともに不確実性が高まり、株価回復という良いニュースが失われる中、消費者の今後に対する懸念は明らかに高まっている」と述べた。

州別ではフロリダ州の消費者信頼感指数が100.3と、前月の114.4から大幅に低下。2016年の前回大統領選の直前の水準に近い。

ペンシルベニアは9月の115.5から92.0に悪化し、ミシガンは124.1から119.2に低下した。3州とも消費者の期待感の低下が全体の指数に響いた。

INGのチーフインターナショナルエコノミスト、ジェームズ・ナイトリー氏は「振れやすい数字ではあるが、トランプ氏の再選可能性にとっては良くない兆しだ。所得が圧迫され、新型コロナウイルス感染者が増加しているため、米経済にとっても良い兆しではない」と述べた。

消費者信頼感はオハイオ、イリノイ、テキサスの各州でも悪化し、ニューヨークとカリフォルニアでは改善した。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up