for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CB消費者信頼感、7月は95.7と1年半ぶり低水準 3カ月連続低下

コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した7月の米消費者信頼感指数は95.7と、前月から2.7ポイント低下した。低下は3カ月連続。インフレと金利上昇への懸念が根強い中、第3・四半期初頭の経済成長鈍化を示唆した。(2022年 ロイター/Mark Makela)

[ワシントン 26日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した7月の米消費者信頼感指数は95.7と、前月から2.7ポイント低下し、2021年2月以来約1年半ぶりの低水準となった。低下は3カ月連続。インフレと金利上昇への懸念が根強い中、第3・四半期初頭の経済成長鈍化を示唆した。

現況指数は141.3と6月の147.2から低下。期待指数も65.8から65.3に低下した。

CBの経済指標担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は「インフレに対する懸念、特にガソリンと食品の価格上昇は、引き続き消費者の重荷になっている」と指摘。「インフレと追加利上げが今後6カ月間にわたり個人消費と経済成長に強い逆風を与え続ける可能性が高い」と述べた。

ウェルズ・ファーゴのシニアエコノミスト、ティム・クインラン氏は「信頼感の低下が必ずしも消費の低下を招くわけではないが、最近の失速は消費にとって良い兆候とは言えない」と述べた。

雇用情勢について、職が「十分」と「就職困難」の回答から算出する動労市場格差は37.8と前月の39.9から低下した。これは米雇用統計の失業率との関連性が高いとされており、なお健全な労働市場を示唆した。

向こう1年間の期待インフレ率は7.6%と6月の7.9%から低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up