January 3, 2020 / 6:56 PM / 16 days ago

米建設支出、19年11月は前月比0.6%増 住宅建設好調

米商務省が3日発表した2019年11月の建設支出は、市場予想上回った。写真はサンフランシスコの建設現場で2011年撮影。(2020年 ロイター/Robert Galbraith)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米商務省が3日発表した2019年11月の建設支出(季節調整済み)は、年率換算で前月比0.6%増と、市場予想の0.3%増を上回った。9月と10月の建設支出は当初発表のマイナスからプラス成長へ改定された。住宅部門が経済をいくぶん支えていることを示唆した。

11月は民間部門の住宅建設が前月比1.9%増加し、全体水準を押し上げた。米連邦準備理事会(FRB)が昨年実施した利下げにより住宅ローン金利が低下し、経済を押し上げていることを示した。FRBは19年に3回利下げし、米中貿易摩擦や世界経済鈍化による経済への打撃を和らげた。

製造業の低迷はここ数カ月、経済の重しとなっている。民間部門のうち工場や発電所を含む住宅以外の民間建設は1.2%減と、3カ月連続で落ち込み、18年11月以来の低水準をつけた。

公共部門は0.9%増だった。州・地方政府が0.8%増。公共部門の極一部を占める連邦政府は1.7%増だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below