for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経常赤字、21年は過去最大の8216億ドル 需要旺盛で輸入急増

 3月24日、米商務省が発表した2021年の経常収支は、赤字額が33.4%増加し、過去最大の8216億ドルとなった。写真は2011年8月撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米商務省が24日発表した2021年の経常収支は、赤字額が33.4%増加し、過去最大の8216億ドルとなった。旺盛な需要を受けて企業が枯渇した在庫の補充を急いだため、輸入が急増した。

赤字の対GDP(国内総生産)比率は3.6%。前年の2.9%から上昇し、08年以来最高となった。

昨年の財(モノ)の輸出は3329億ドル増の1兆7600億ドル、輸入は5023億ドル増の2兆8500億ドルとなった。

第4・四半期を見ると、経常赤字は0.9%減の2179億ドル。ロイターがまとめたエコノミスト予想は2180億ドルだった。

対GDP比は3.6%と、7─9月期の3.8%から低下。赤字比率のピークは05年第4・四半期の6.3%。米国は現在、原油と燃料の純輸出国となっている。

経常赤字の減少は第2次所得の赤字が縮小し、サービスと第1次所得の黒字拡大を反映した。

財・サービスの対外輸出および対内受取所得は477億ドル増の1兆0100億ドル。財・サービスの輸入および対外支払所得は458億ドル増の1兆2200億ドル。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up