February 12, 2019 / 7:23 PM / 6 months ago

米家計債務、第4四半期は過去最大の13.5兆ドル=NY連銀

[ニューヨーク 12日 ロイター] - ニューヨーク連銀が発表した2018年第4・四半期の米家計債務残高は13兆5000億ドルと、前四半期から320億ドル拡大し、過去過去最大を更新した。

内訳では債務の大半を占める住宅ローンが9兆1000億ドルと160億ドル減少した。減少は2016年以来2年ぶり。一方、クレジットカード負債は260億ドル増の8700億ドルで、初めて2008年の金融危機前の水準に並んだ。

住宅を担保とした与信枠(ホーム・エクイティ・ライン・オブ・クレジット、HELOC)は4120億ドルに減少し、14年ぶりの低水準を記録した。

その他、学生ローンは150億ドル増の1兆5000億ドル。90日以上延滞している学生ローンの割合は9.1%と横ばいだった。自動車ローンは微増の1兆3000億ドル。2018年の自動車ローン組成は少なくとも過去19年間で最高だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below