for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米耐久財コア受注、12月は横ばい 設備投資の勢い鈍化示唆

米商務省が27日に発表した2021年12月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が横ばいとなった。2021年7月撮影(2022年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日に発表した2021年12月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が横ばいとなった。市場予想は0.4%増だった。品不足の中で企業による設備投資の勢いが弱まっていることが示唆された。

11月は0.3%増だった。

国内総生産(GDP)で設備投資の算出に用いられるコア資本財の出荷は1.3%増。11月は0.4%増だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up