March 4, 2020 / 3:17 PM / 4 months ago

米ADP民間雇用、2月は予想上回る18.3万人増 前月からは鈍化

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが4日発表した2月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が18万3000人増と、ロイターがまとめたエコノミスト予想の17万人増を上回った。ロサンゼルスで2018年3月撮影(2020年 ロイター/Monica Almeida)

[ワシントン 4日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが4日発表した2月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が18万3000人増と、ロイターがまとめたエコノミスト予想の17万人増を上回った。

しかし、1月の20万9000人増(下方改定)からは伸びは鈍化した。

米労働市場の堅調さを示す内容だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、このところ景気後退(リセッション)懸念は高まっている。米連邦準備理事会(FRB)は3日、感染拡大による米経済への影響を和らげるため、50ベーシスポイント(bp)の緊急利下げを決定した。

6日には2月の米雇用統計が発表されるが、ロイターのエコノミスト調査によると、非農業部門の雇用者数は17万5000人増。1月は22万5000人の大幅増だった、失業率は横ばいの3.6%と予想されている。

ムーディーズ・アナリティクスの首席エコノミスト、マーク・ザンディ氏は、新型ウイルスの感染拡大で労働市場が衝撃を受けたことを示すものはなにもなかったと指摘。ただ感染拡大のほか、暖冬による押し上げ効果の減退により、雇用の伸びはこの先、鈍化していくとの見方を示した。

エコノミストは新型ウイルスの感染拡大により米国の第1・四半期の経済成長率は1.0%を若干上回る程度にとどまると予想。2019年の成長率は2.3%だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below