for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米1月の求人件数増加、レイオフは減少=雇用動態調査

3月11日、米労働省が11日に発表した1月の雇用動態調査(JOLTS)で、求人件数が増加した一方、レイオフ件数が減少し、労働市場が年明け以降、回復していることが裏付けられた。写真は2017年3月、ボストンで撮影(2021年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日に発表した1月の雇用動態調査(JOLTS)で、求人件数が増加した一方、レイオフ件数が減少し、労働市場が年明け以降、回復していることが裏付けられた。

求人件数は690万件と、前月の680件から増加。求人率は4.6%と、4.5%から上昇した。

レイオフ件数は170万件と、180万件から減少。レイオフ率は1.2%と、1.3%から低下した。

ただ、採用件数は530万件と、540万件から減少。採用率は3.7%と、3.8%から低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up