for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米求人件数、12月は1090万人 過去最高に接近

米労働省が1日に発表した2021年12月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数が15万人増の1090万人と昨年7月の過去最高(1109万8000人)に近い水準となった。2019年3月撮影(2022年 ロイター/George Frey)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日に発表した2021年12月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数が15万人増の1090万人と昨年7月の過去最高(1109万8000人)に近い水準となった。市場予想は1030万人だった。

求人件数は幅広い業種で増加。宿泊・飲食サービス業が13万3000人増となったほか、情報産業、非耐久財製造業、州・地方政府の教育分野でも増加した。一方、金融・保険業や卸売業で減少した。求人倍率は6.8%で横ばいだった。

採用件数は33万3000人減の630万人。専門職・ビジネスサービス業で15万9000人減少した。採用率は4.2%でほぼ変わらずだった。

自発的な離職件数は16万1000件減の430万件と依然高水準。医療・社会福祉、宿泊・飲食サービス業、建設業で減少した一方、非耐久財製造業では増加した。離職率は2.9%でほぼ変わらず。地域別では南部で減少した。

ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクアドロス氏は「米労働市場が昨年12月末時点で雇用統計で示されていたよりもタイト化していた状況を示している」と指摘。「雇用の伸びが1月に弱含んでいることを示すいかなる兆候も労働力需要の減退を反映していない可能性が示唆された」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up