for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昨年第4四半期の米成長率下方修正の公算、サービス業調査受け

[ワシントン 21日 ロイター] - 米商務省が21日公表した四半期サービス業調査(QSS)は、消費者のサービス支出や知的財産製品の企業投資が従来の想定より少なかった。これを受け、昨年第4・四半期の経済成長率が下方修正される公算が大きくなった。

QSS公表前、エコノミストらの国内総生産(GDP)予想は年率換算で2─2.3%と、前月公表された2.6%増を下回っていた。

JPモルガンのエコノミストらはQSS統計に基づき、28日公表予定の確報値が1.8%に下方修正される可能性を予測した。

同社のエコノミストは、消費支出や知的財産製品の投資を中心に修正されると分析。「消費の約5%を占める非営利医療機関での支出が相当下方修正されるようだ」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up