June 23, 2020 / 4:32 PM / 15 days ago

米新築住宅販売、5月は前月比16.6%増 予想上回る回復

米商務省が23日発表した5月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比16.6%増の67万6000戸となり、ロイターがまとめたエコノミスト予想(2.9%増の64万戸)を上回った。カリフォルニア州エンシニータスで昨年7月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米商務省が23日発表した5月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比16.6%増の67万6000戸となり、ロイターがまとめたエコノミスト予想(2.9%増の64万戸)を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって打撃を受けた住宅市場が回復し始めていることを示唆した。

5月は前年同月比では12.7%増。4月の販売戸数は58万戸と、従来発表の62万3000戸から下方修正され、前月比5.2%減となった。

5月は地域別では北東部が45.5%増、西部が29%増、南部が15.2%増。ただ中西部では6.4%減少した。

価格中央値は前年比1.7%上昇の31万7900ドル。販売は20万─40万ドルの価格帯に集中した。最も需要が大きい20万ドル以下の住宅の販売全体に占める割合は約15%だった。

住宅在庫は31万8000戸。4月の32万5000戸から減少した。5月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は5.6月。4月は6.7カ月だった。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「経済全体が減速しているようなら、人々は高額な新築住宅の頭金の支払いに自信を持てないかもしれない」と指摘。「多くの企業が破綻し、失業者からの支出は減少している。景気回復は当面、低速を維持するだろう」と述べた。

またキャピタル・エコノミクスの米国担当シニアエコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は「南西部における新型コロナ感染第2波が今後数カ月に下押しリスクをもたらすことは明らかだが、現時点では州全体にわたるロックダウン(都市封鎖)措置の再実施の可能性は低いため、景気回復の足を引っ張る要因にはなるものの、新たな景気後退にはつながらないだろう」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below